ソルト 釣り

初心者にオススメなアジング用ラインをまとめてみた!太さについてもあわせて解説!

用いられるラインの種類について

アジングでは使われることが少ないラインもありますが、全く使わないわけでもないので一応全て紹介していきます。

エステル

アジングといえばエステルラインを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

特徴しては、

感度が高い 飛距離が出やすい 水に沈む

エステルラインはほとんど伸びないため、魚からのバイトがあった時にラインを伝わって手元までアタリが伝わりやすいです。また、水より比重が重いため水に沈みます。

基本的にはラインが一直線上になった方が、当たりは取りやすいため比重が重いのはプラスに働きます(アジングは使用する重量が軽いためラインの影響は大きい)

強度は低い リーダーが必要

他のラインと比べると、強度が低いためドラグの細かい調整は必須となります。メインラインの他にリーダーが必要なのも初心者にとってはハードルのひとつとなります。

ですがアジングには外せないラインではあるので、使えるようにしておくことをオススメします。

PE

ソルトルアーフィッシングではもはや一般的になってきているPEラインですが、こちらもアジングに使用することができます。

特徴としては

感度が高い 強度が高い 飛距離が出やすい 水に浮く

PEラインはエステルラインと同じく伸度が低いため感度が良いです。ですが、PEの場合はラインが張られていないと感度を発揮しにくい傾向があります。

強風の場合や波がある場合はラインを張りにくくなるのでPEは若干不利になります(ルアーが軽いためラインが影響を受けやすい)

PEを使用するメリットは飛距離と強度の確保になります。同じ強度で他のラインと比べると圧倒的に糸径が細いため、間違いなくPEが一番飛距離を確保できます。同時に強度も最も高いので、風や波が無ければかなり扱いやすいラインでしょう。

リーダーが必要

こちらもエステルラインと同様にリーダーが必要となるので、ルアー釣り初心者には少しハードルが高くなっています。

PEラインは汎用ラインとなってきているので、この際にリーダーの結び方を覚えても損は無いでしょう。

フロロ

フロロは淡水(バス・エリアトラウト)で使用されるイメージが多いと思いますが、アジングでも使用されるラインです。

感度が高め 水に沈む リーダーが不要

PE・エステルほどではありませんが、伸度が低いため感度は良いです。水より比重が重いためラインは水に沈みます。特性はエステルに近く、エステルより強度が高いラインというイメージで良いでしょう。

フロロは特にリーダーを組む必要もなく、安価なので非常にお手頃なラインといえます。

飛距離が出にくい

アジングだとそこまで気にならないかもしれませんが、フロロは糸径が他のラインと比べて太いため、空気抵抗を受けて飛距離が多少落ちます。

影響を大きく感じやすいのが、4lb付近からなのでアジングではあまり使用しない太さになります。

安くて扱いやすく、リーダーがいらない便利なラインですが、太していくと飛距離が落ちていくという事は頭の片隅にでも入れておきましょう。

ナイロン

ナイロンも海よりは淡水で活躍するイメージのラインかもしれませんが、アジングでも使用できます。

飛距離が出やすい 魚をばらしにくい リーダーが不要 水にゆっくり沈む

ナイロンはPEに次いで強度が高いラインです(同じ糸径だった場合)

適度に伸度があるため、あわせた時の口切れを防ぐとともにバラシも軽減できます。フロロと同様にナイロンだけで完結するのでリーダーが不要なのも初心者には優しいポイントです。

ナイロンはゆっくり沈むので、ルアーをスローに見せることにも向いています。ラインの重さは一般的にフロロ>エステル>ナイロン>PEとなります。

手元に伝わる感度はイマイチ

ナイロンは柔らかく、適度に伸度があるためバラシにくいのは間違いありません。しかし、その性能とトレードオフで感度はイマイチになります。

ラインでアタリをとるのであれば問題ありませんが、手元でアタリを取ることに関しては他のラインが向いています。

アジングではあまり出番がないラインかもしれませんが、ナイロンの特徴は覚えておきましょう。

初心者にオススメのラインは?

①フロロカーボン

まず最初にオススメしたいのはフロロカーボンになります。

リーダー必要無し 安価

初心者目線でラインを選ぶと、リーダーが無いというのはかなり大きなポイントになると思います。

最初のうちはリーダーを結ぶのも苦労するはずです。釣り途中に切れて結び直す・・・という事が発生するとモチベーションが下がってしまうと思うのでリーダーが無いフロロをオススメしています。

値段も他のラインと比べると安いので、手を出しやすいラインでもあります。

オススメの太さは3lb

アジングラインとしてはちょっと太めですが、扱いやすさと切れにくさを重視して3lbとしました。この太さであればドラグ調整さえしっかりしていれば多少大きな魚がかかってもキャッチ可能です。

②エステルライン

アジングでは最も一般的なラインであるエステルラインもオススメです。

基本となるライン 覚えると今後が楽

使っている人が多く、アジングでは基本となるラインです。ドラグの調整、リーダーの準備、リーダーの結び方など調整や覚えることはありますが、一度覚えてしまえば最も向いているラインを使えるようになるのでこれ以上の強みはありません。

ちなみにエステルは冬のエリアトラウトでも使用することができるので覚えておくとその時も困りません笑

オススメの太さは0.3号前後

こちらも少し太い号数をオススメしています。エステルラインはフロロよりも細かいドラグ調整を要求されるので心配な方は太めの号数を選びましょう。

③PEライン

PEラインはソルトルアーで基本となるラインであるためこちらもオススメです。

強度が高い 飛距離が出やすい

ソルトルアーでPEを使っている方は多いと思います。糸の太さをアジングに合わせれば問題なく使用可能です。

糸自体の強度は高いですが、アジは口が弱いのでPEを使用する場合でもドラグ調整は必須となります。

オススメの太さは0.2号前後

PEは強度が高いため、0.2号程度でも必要な強度は十分確保できます。ルアーの重さに対して、ラインが太いと波の影響をかなり受けやすくなるため、やはり0.2号程度がオススメとなります。

一度試すのがオススメ!

アジングの初心者向けラインを紹介してきましたが、人によって「あう」「あわない」はあるのでそれぞれ一度試してみることをオススメします。

どのラインも他の釣りで流用できるので覚えておいて損はありません。

自分自身の釣り方の幅も広がるので、是非いろいろ試してみてはいかがでしょうか?

-ソルト, 釣り
-