冬の釣りものをまとめてみた

すっかり寒くなり釣りものも少なくなってきました。ということで冬でも狙える魚をまとめてみました。

ニジマス(管理釣り場)

このブログではお馴染みの菅釣り(エリアトラウト)です。

メインはニジマスになります。ニジマスは冷水にある程度強いので、寒くてもルアーを追ってきてくれます。しかしさすがに秋口とくらべると反応は鈍いのでゆっくりルアーを動かすのが重要です。

他の釣りと大きく違うのは、魚が確実にいる事です。いる事がわかっているのでモチベーションは下がりにくいと思います。

ワカサギ

冬の釣りの代表といってもいいくらいワカサギ釣りは有名です。

イメージでは氷の張った湖上に穴を開けて釣るイメージがあると思いますが、ワカサギさえいれば雪や氷がなくても釣れます。

湖上に乗って釣りをするのは釣る範囲を広げるためだと思ってます。(半分は面白いからだと思いますが笑)

他にはドーム船に乗って釣るパターンもあります。船の中になるので他の釣り方に比べて寒さは軽減されます。

基本はエサ釣りになります。疑似餌もありますが釣果はどうなるか不明です笑

釣れたらエサをつけなおさないといけないので手袋は指出しタイプを推奨です。

ワカサギは数を釣る釣りなので場合によっては竿を2本以上準備したほうが効率が良いと思います。

ロックフィッシュ

上2匹は淡水魚(ニジマスは海に降りる事もあるので微妙ですが)だとたので今度は海編です。

冬でも相手をしてくれるのはロックフィッシュ類になります。

具体的にはカサゴ・メバル・ソイ・アイナメ等になります。日中は障害物に潜んでいる事が多いので、その付近を狙った方が良い釣果を得られます。

夜間になると障害物を離れ上の層に浮いてくるのでルアーでも狙いやすくなります。例外的にアイナメは昼行性なので、アイナメ狙いであれば昼の方が可能性は高くなります。

釣り方はエサ・ルアーどちらもOKですが、寒さを考えるとエサの取り外しの少ないルアーのほうが楽だと思います。(釣れる確率はまた別の話になります)

基本的には夜間の方が釣りやすい魚たちですが、夜は寒いので防寒対策はしっかりしていきましょう!

写真はカサゴ

カレイ

カレイも寒くなってからも釣れる魚になります。

探して釣るというよりも掛かることを待つ釣りになります。

とりあえず投げて釣れそうな位置まで仕掛けを引っ張り待つ事になります。仕掛けの位置は変化がある場所がおすすめです。

近くに車をおけるのであれば、車で待機できるので寒さはそこまで感じません。私は実家に帰った時はよくこの釣りをしています笑

時間帯は昼の釣りになります。とにかく待つ釣りなので待機中は何か別の事をするのもいいかもしれません。

その他

シーバスやアジなどは場所によっては通年釣れる場合があります。

その共通項は水温が安定している又は温排水があることです。

寒い時期にあまり水温が変化しない場所には魚がたまる傾向があります。これは体力の消費を抑えるためだと推測できます。

温排水の場所に集まるのはそこが魚にとっての適水温になっているからになります。温排水の場所は冬でもいろいろな魚が釣れるポイントになるので見つけたら狙ってみてはいかがでしょうか?

防寒対策を忘れずに!

何を釣ろうにも冬の水辺は想像以上に寒い事が多いので、しっかり防寒対策をしていきましょう。

また、海は時化る事もあるので無理をせず冬の釣りを楽しみましょう!

釣り

Posted by you