ロッドで迷ったらシーバスロッドにしよう

2020年12月29日

みなさんは最初に買ったロッドを覚えていますか?私が初心者の時の経験をふまえ最初に買うべきロッドを考えたいと思います。

振り出しロッドは・・・

最初の1本で振り出しロッド(伸ばしてつないでいくもの)を選ぶ人は多いと思います。値段はピンキリですが、基本的にはロッドの中では安い部類に入ります。持ち運びもしやすいため便利なロッドです。

欠点としては重いということでしょうか。また、頻繁に投げる釣りもあまり向いていません。

なぜ投げる釣りが向いてないのかというと、ガイドリングが回転してしまう可能性が高いからです。ガイドリングが回転すると糸が絡まり、そのまま投げると最悪竿が折れます。

サビキのみ、投げない釣りしかしないというのであれば振り出しで問題ないと思います。

2ピースのシーバスロッドがおすすめ

2ピースロッドのメリットは、一番は軽いということですね。振り出しロッドは構造上どうしても太く、重くなりがちです。2ピースロッドはそれがないので同じ長さであれば軽くなります。

つないでいる部分はひとつなのでガイドが回転することもないのでトラブルが少ないです。

欠点といえば仕舞い寸法が大きめになるということでしょうか?

長さは?

海釣りなら8ft~9ftあたりがいいと思います。短いロッドは取り回しもよく扱いやすいのですが、海では飛距離が重要になることが多いのでできれば長めのロッドを選んだほうがいいと思います。

8~9ftあたりだとシーバスロッドが主な選択肢になります。エギングロッドも無しではないのですが、投げられる重さの範囲がシーバスロッドに比べて狭いです。そして重さ表記がエギの号数になっていることもあるので初心者のうちは分かりにくいと思います。

なのでエギングをやりたい方以外はシーバスロッドを選んだほうが無難です。

硬さは?

ML~Mあたりをおすすめします!といっても分かりにくいと思うので重さで話します。

重さでいうと30gあたりまで対応可能なロッドになります。30gならだいたいのシーバスミノーは投げられます。

メタルジグを使用する場合も30gなら十分飛距離はでます。

錘であれば8号まで使用することができます。

初心者の方が無理をしないで使える範囲を考えるとやはりML~M(ミディアムライトからミディアム)になると思います。

最近は道具も進化しているのでミディアムでもかなり広い範囲まで扱えるロッドもあります。私が現在使用しているダイワのレイジー96Mはミディアム表記ですが10~50gまで使用することができます。

レイジー96M 50gまで対応

なぜ30gあたりをおすすめするのかは初心者の方が投げるのに負担にならないからです。40gあたりまでいくと投げるのも巻くのもしんどいと思います。(釣りに慣れていくうちに気にならなくはなります)

いきなり重いルアーを投げるのではなく、ある程度の重さで投げる感覚をつかむのが最初は大事です。

長々書きましたが、結局言いたいのは投げやすいのでML~Mにした方がいいよという事になります。

まとめ

あくまでいろいろな釣りをやってみたい方のためのロッドの選び方を書いてみました。最初からやりたい釣りが決まっている場合は、専用ロッドを買った方が確実に使いやすいです。(エギング、アジング等は間違いなく専用のほうがやりやすいです)

とりあえず釣りを始めてみたい方、シーバスロッドを選んでみてはいかがでしょうか?