ムカイ ビーボール(B-BALL)の使い方!エリア版のスピナーベイト?

2021年5月14日

ベリーパーク王禅寺で売っていたムカイのビーボール。今回使ってみたので感想を書いていきたいと思います。

ビーボール(B-BALL)とは?

ビーボールはムカイから発売されているエリアトラウト用のルアーになります。

見た目はバスフィッシングで使用するスピナーベイトにそっくりです。違う所はバスではラバーになっている部分がペレットを意識した球体(ボール)になっています。

動きはスピナーベイトとほぼ同じで、巻くとブレードが回転しながら直進します。

このブレードが回転することで魚を集め、ボール部分にバイトさせるルアーになっています。

実際使ってみた!

王禅寺で購入しましたが、しばらく放置していたので今回は開成フォレストで使用してみました。

まずは手元で動かしてみましたが、イメージ通りスピナーベイトのような動きをしていました。

まずはキャスト。重さが2.8gあるので結構飛んでいきます。巻きはじめるとすぐにバイトがありますが乗らない・・・。

当日の状況としてはライズが多く、魚が表層に群れているのが目視できる状況でした。

ということで着水と同時に巻き始め、群れの前を通るようにキャストしてみました。すると・・・

「ガッッガッ」と複数バイトがありますが乗りません笑 3度目のバイトでようやくヒット!

その後も反応はバイトはありますが、なかなか乗ってくれません泣

おそらくブレード部分にバイトしてフックに掛からないのだと思います。

使ってみての注意点

実際使ってみて釣れることが分かりましたが、いくつか注意しなければいけないことがあったので書いていきます。

①ブレードの回転が安定しない

手元で動かした時は問題なく動いていましたが、キャストして巻いてくるとブレードが動いていないと感じることがたまにありました。

ブレードが動いていない時は引き抵抗が違う(軽くなる)ので使っていれば分かります。

巻きスピードを変えたり振ったりすることで動き始めますが、これは使っていてちょっと気になる所でした。

②巻き始めにバイトが出ることが多い

使っているとブレードが回転し始めた瞬間にバイトが出ることが多かったです。

まあこの場合ブレードに反応しているのでのらないことが多いんですけどね・・・笑

巻いていてもブレードバイトが多いのでフッキングするまでは一定速度で巻き続けましょう。

③反応の差がはっきりしている

当日の朝は表層に魚がたまっており、その状態ではかなり反応が良かったです。ただ、午後から魚のレンジが下がった時には反応が減ってしまいました。

良くも悪くもアピール力は高いルアーなので状況を考えて使う必要があります。

唯一無二のルアー!

エリアでは唯一無二のルアーになると思います。

今回は開成フォレストで使用しましたが、なかなか釣れない状況を突破する貴重なルアーとなりました。(1匹目はこれでつれました)

他のルアーとは明らかに違う動きなので、ローテーションに組み込むのもいいかもしれません。ちょっと癖はありますが笑

気になった方は試してみてはいかがでしょうか?