ピカチュウルアーとカイオーガルアーのタックルを考える:カイオーガ編

2021年8月30日

ピカチュウ編からの続きでカイオーガルアーを使用するとしてロッドを考えていきます。重さがあるのでおそらくビッグベイト用のロッドになると思いますが・・・。

ルアーのスペック

カイオーガ

クローラータイプ 全長153㎜ 重量48g

深い眠りから目覚めた伝説のポケモンのルアーが、

いま悠々と泳ぎだす・・・。

ジュラルミン素材のウイングが生み出す水押しの強い豪快なアクションが、ターゲットフィッシュの本能にスイッチを入れる。

泳ぎ出しの“きっかけ“を与えて、ひたすらデッドスローで微波動を操るのも効果的。

フェザーフック仕様で、フッキング性能も抜群だ!

duo HPより引用

フェザーの量がかなり多いのと、羽が付いているので巻いた時の抵抗は結構ありそうな気がします。

2oz近くあるのでビッグベイト用が必要ですね笑

ロッドを考える

リールはピカチュウ編で選出したどれかになるのでロッドを考えていきます。

おそらく使用頻度はかなり低めになると思います。バスが羽モノ(カイオーガって羽モノなのか?笑)に反応する時期くらいしか使わない気がします。

今年試してみたいものとしてシーバスのコノシロパターン、秋田に帰った時の鮎パターン、年末にハタハタの接岸のタイミングがあえばハタハタパターンでダウズスイマーを投げたいと考えています。

ダウズスイマーについては220SF(3.6oz=約100g)はちょっと使うか分かりませんが、180SF(2oz=56g)ぐらいは投げられるロッドが欲しい・・・

ということで調べてみました!

メジャークラフト

私がライトショアジギングでも使っているメジャークラフトもバスロッドを出しているので探してみました。

なんと一番安いビッグベイト用のロッドは7000円を切る値段でした!

3oz(84g)まで対応しているので、極端にデカいヤツ以外はこれでいけそうですね。アマゾンのレビューも高評価が多いので、問題なく使えるはず!私自身もメジャークラフトの竿を2年以上使っていますが、壊れる様子は全くないので候補の一つになりそうです。

ダイワ

ダイワのエントリークラスだとブレイゾンでした。お値段は14000円ぐらい。コルクグリップが好きな方はこちらがいいかも?

こちらも3oz(84g)まで対応しています。

シマノ

シマノで3oz(84g)までのロッドを選ぶとなると、現行ではエクスプライドからになります。お値段はグンと上がって28000円前後になります。

使用頻度を考えると、値段的には候補から外れるような気はしてます笑

カイオーガルアーを投げるなら・・・

ビッグベイトは最近入手困難なルアーも多くなっていますが(ダウズスイマーも笑)カイオーガはロストしたらもう手に入らない可能性もあるルアーになります。

幸いなことにフローティングなので、切れても頑張れば回収できます笑 が、普段よりも一段階強めのタックルにした方が良さそうです。

ロッドも安すぎるロッドよりは、メーカーのそれなりのものを扱った方が良いと思います。(書いてて気になりましたが、実践レベルで投げ倒す人はいるんですかね?)

まとめ

簡単にまとめると、ロッドはビッグベイト用、ラインは普段より一段階強いものが良さそうです。

フローティングルアーなのでラインはPEが使えそうです。ライトショアジギングの感覚で行くとPEは1.5号以上、リーダーは40LBくらいですかね?

ライトショアジギングではPE0.8号+リーダー25lbで40gのジグを投げているので、上述であれば切れる事はなさそうです。

今回はあまり知識がないベイトタックルの話なので、間違っている箇所もあるかもしれませんが参考程度に見ておいてください笑

もしかしたら再販があるかもしれないのでリンクを貼っておきます。

DUO BACKDOOR PROJECT ONLINE SHOP (duo-backdoorproject.shop)

以上、「ピカチュウルアーとカイオーガルアーのタックルを考える:カイオーガ編」でした。

ロッド,釣り

Posted by you