ピカチュウルアーとカイオーガルアーのタックルを考える:ピカチュウ編

2021年6月10日

1か月くらい放置してましたが、ピカチュウとカイオーガのルアーが届きました笑 バス用のルアーですが、重さ的にはベイトタックルが必要になりそうです。今回はベイトタックルを持っていない私がこの二つのルアーを使用するためのタックルを考えていきたいと思います。

この記事ではピカチュウルアーを使用する際のタックルについて書いていきます。

ルアーのスペック

ピカチュウ

スロージッタータイプ 全長106㎜ 重量22g

ピカチュウのルアーが泳げば、“かわいい”に決まってる。

duo HPより引用

ということでピカチュウについては普通のベイトタックルであればいけそうですね。

ロッドを考える

私の中でロッドの候補はシマノ(シマノ×ジャッカル)、ダイワになります。この重さに対応するロッドはバスフィッシングでもかなり使いそうなので迷います笑

シマノ編

シマノだと一番安いのはバスワンXT。

バスワンのMクラスが7~21gとなっています。ピカチュウが22gなので1gオーバーしていますが投げる事は可能だと思います。

しっかり適合重量に入れるのであればMHクラス(28g)ですね。

個人的に気になっているのはポイズンアドレナになります。

1oz(28g)までのバイブレーション等を投げる事を考えると、やはりMHクラスになりそうです。

ダイワ編

エリアトラウトではダイワのロッドやリールを使う事もあるのですが、ダイワのバスロッドってあまり見た事が無かったので今回一度目を通してみました。

安いのはバスX(名前が似てて紛らわしいですね笑)で、こちらもMクラスで21g、MHクラスで28gまでとあまりシマノとカタログスペックはシマノのバスワンXTとあまり変わらなそうです。

値段もそこまで開かないので、エントリークラスを買うなら見た目ですね笑

ダイワっぽいなと思ったのはリベリオン。

この黒にオレンジはダイワのイメージがあります(イプリミ使ってたからか?)

選ぶならこちらもMかMHクラスになります。

リールを考える

リールも同じくシマノ、ダイワが候補ですがこれはロッド以上に迷います笑 基本的にはシマノを選んだらシマノのリール、ダイワを選んだらダイワのリールだと思いますが・・・

気になっているのはシマノのリールで、これはよく秦拓馬氏の動画を見る影響でもあるのですがあの「DC音」が好きなんですよね笑

となると最低ランクはSLXDCからで最高峰はアンタレスDCになりますが、さすがにいきなりアンタレスを買う勇気はありません(値段的にも笑)

海でも使用したいのでエクスセンスDCSSが良さそうと思ってみていたら、スコーピオンDCも海水対応しているとのこと。調べてみると実売では3万を切るのでこちらが候補になりそうです。

ダイワだとアルファスSVTWが候補として考えていて、これが良さそうならアルファスエアTWを購入してエリアで使おうという目論見もあります(アルファスエアを先に購入する可能性があるかもしれません笑)

とりあえず個人的なタックルをまとめる

今のところポイズンアドレナMHにスコーピオンDCかダイワのロッド+アルファスSVTWのどちらかになりそうです。

カイオーガ編に続きますが、リールはそのまま使えそうなので後はそっちのロッド次第でリールがどちらか決まりそうです。

今回はほぼ雑記みたいになりましたが、カイオーガ編へGO!興味のある方はお付き合いください笑