釣り

キス釣りではPEラインがオススメです!

キス釣りの季節になってきましたが、これから始める方は何を買えばよいのか分からない方もいるのではないでしょうか?ということで今回はライン(糸)についての記事になります。

キス釣りで必要なのは飛距離

キス釣りで重要になってくるのは飛距離です。これは餌の種類と同じぐらい優先度が高い条件です。

特にサーフ(砂浜)から狙う場合は飛距離がに釣果に直結してきます!

夏場はキスが接岸してきますが、足元のすぐそばまで寄ってくる訳ではありません。やはりある程度距離があり、水深のある場所にいます。

いくらキスが釣れる場所で釣っていても、飛距離が足りずにポイントまで届いていなければ意味がありません。

では投げる距離を伸ばすにはどうすれば良いのか?

糸の材質を変えたほうが飛距離は伸びる

飛距離を伸ばす方法は主に3つです。

  • 竿を長くする
  • 錘を重くする
  • 糸を細くする

竿を長くする

竿を長くするのは間違いなく効果があります。

投げ釣り用の竿は4m前後の竿が多く、遠投に特化しています。

ただし、この場合は竿を買う必要があるので気軽にできることではありませんね笑

錘を重くする

錘を重くするのも効果があります。ただし限度があります。

錘を重くする場合は竿を振る速度も上げる必要があります。

しかし、どんなに頑張っても25号前後の錘を投げるのが精一杯だと思います。

錘をどんなに重くしてもそれを振り切れるスピードには限度があります

加えて糸が切れないように糸の強さ(太さ)を上げていく必要があります

糸が太くなると空気抵抗が増え、飛距離が落ちるので差し引きで思った以上の飛距離アップは期待できません。

糸を細くする

飛距離を伸ばす方法として最も効果があるのは糸を細くする事です。

「飛距離を出す上で一番重要なのは何か?」

答えは空気抵抗を少なくすること

最も空気抵抗を受けるのは糸です。飛距離が出るほど糸にかかる空気抵抗は大きくなります。

「空気抵抗が大きい=飛距離が出ない」ということなので、その逆をすれば飛距離が出るようになります。

冒頭でも書きましたが、答えとしては糸を細くすることです。

糸を細くすると切れるのでは?と思う方もいると思いますが、それをカバーするのがPEラインになります。

PEラインについて

PEラインのPEはポリエチレンを示します。

PEラインの最大の特徴は「強度が高い」ということです。

ナイロンラインと比較すると2倍以上の強度があります。強度があるということは糸を細くできるということです。

勘の良い方であればもう気づいているかもしれませんが、同じ強度であればPEラインはナイロンラインよりかなり細いラインを使用できます。

「糸が細い」

つまり空気抵抗が少なくなり、キャストした時の飛距離が伸びます。

また、PEラインは他のラインに比べてほとんど伸びません。

そのため錘が着低したのが非常に分かりやすいです。キス釣りでは底を取るのが重要なのでここでもPEラインは優位に働きます。

伸びないため当たりも明確に出るようになるので、キス釣りをする際はメリットしかないラインです!

必要な号数(太さ)は?

オススメのPEラインの太さは1号になります。

もちろん細くするほど飛びますが、最初は1号ぐらいの太さが扱いやすいと思います。

慣れてきたら0.8号、0.6号と落としていくのもありですが、錘とのバランスを考えないといくら強くても切れてしまうので注意です。

ラインが0.6号の場合、錘は10号程度(37.5g前後)が限界だと思います(自身の経験から)

ラインが1号の場合でも、無理して錘の20号を担ぐ必要はなく12号まであれば十分釣れるはずです。

ラインの太さが1号であれば他の釣りにも応用できるので、迷ったら1号がオススメです!

PEラインのリーダーは必要無し!結び方だけ注意!

PEラインといえばリーダーが必要・・・と思われがちですが、キス釣りにいたっては必要ありません。

歯が鋭い魚を相手にするわけでもなく、岩礁地帯や根が激しい場所で釣りをするわけでもないので気にしなくても良いです。

私もキス釣りをする時はスナップにPEを直結してそこに天秤を付けています笑

結び方はダブルクリンチノットで問題ありませんが、すっぽ抜け防止のために巻き付け回数を多めにする事をオススメします。

ダブルクリンチノットは下のリンクを参照

https://www.seaguar.ne.jp/knot/parts/parts_5.html

PEを直結する場合他のラインと比べて締めこんだ後に緩みやすいので注意が必要です。心配な方はその後にコブ結びでもいいのでとにかく緩まないように対策してください笑

そして締めこむ時は水に濡らしてゆっくりと締めこんでください。

PEは熱が入ると途端に弱くなります。締めた時の摩擦熱で弱くなる可能性があるのでそこも注意が非常です。

PEを直結した場合は「切れる」よりも「緩んでほどける」ことが多いのでその対策は十分に行いましょう!

オススメのPEライン

PEラインもかなりの種類があり、どれを買えば良いか迷うと思います。

私が使っているものから一般的なものまでいくつか紹介していきます。

ラピノヴァX/ラパラ

現在の私のメインラインです!Amazonだったりナチュラムだったりで結構値引きされて売られていることも多いです笑

特にトラブルもなく、個人的にはクセの無いラインだと思っているのでこれからもしばらく替える予定はありません笑

放浪カモメ

これがブランド名なのか不明ですがオススメラインです。

とにかくコスパが良いのが初心者にはありがたいです!私も最初はこれを使っていました。

安いから切れやすいということも無いので安心して使えるラインになります。

ピットブル/シマノ

有名ブランドのものであればシマノのピットブルがおすすめです!

手にしやすい値段でもちろん品質も良いです。シマノのリールを使用している方で迷っている方はこちらが良いと思います。

PEデュラセンサー/ダイワ

もう一つの有名釣り具メーカーといえばダイワ。

ダイワも安くて品質の良いPEラインを出しています。ダイワ派の方にはこちらのラインがおすすめです!

飛距離アップで釣果アップ!

キス釣りでもどんな釣りでも基本的には共通ですが、広い範囲を攻められたほうが間違いなく釣れます(※コマセを使う釣りを除く)

実績があるポイントで釣れない理由は飛距離かもしれません。

飛距離を伸ばして悪いことはないので、キス釣りの釣果が伸び悩んでいる方は一度PEラインを使ってみてはいかがでしょうか?

-釣り