TGベイトが壊れた

2021年9月1日

今回はライトショアジギングをしていたらTGベイトが壊れたのでその事例紹介です。

ライトショアジギングをしていたら・・・

事件はライトショアジギングをしていたら起こりました笑

横浜沖堤防でシーバス・イナダ、運がよければサワラ釣れないかなーと思いTGベイト(45g)を投げていました。

中層付近をシャクっていると急に重みが抜け、「あ・・・やっちまったか」と思い急いで回収しました。回収中は微妙に抵抗はあったのでリーダーは残ってそうと思っていました。

実際回収してみると「あれ、なんかついてる」と思い見てみると、リーダーついてる、スナップついてる、アシストフックがついてる!?とびっくりしました。

どうやらTGベイトに刺さっている金具の部分が抜けたようです。今まで他のジグではこんなことはなかったので、見た時は「マジか・・・」と思いました。

原因を考えてみる

今回の使用していたTGベイトは新品ではなく、以前から何度も使用していたものでした。魚はそれほどかけていません。ショゴ、サバ、エソ程度です。

ただ、ボディ上半分の塗装が剥がれている状態になっており、多少使用感はありました。

ぶつけた記憶はありますが(回収するときに岸壁に軽くぶつかる程度)それ以外は使用している内に自然に塗装は剥がれていた感覚です。

要因としては

①ぶつけた時にダメージが入った
②使用中にダメージが入った
③初期不良(泣)

この3つのうちのどれかでしょうか?

ダイワHPには具体的な構造は書いていませんが、先端の小さな丸に何かを固定しているのでしょうか?固定していたものが抜けたのであれば初期不良っぽいですが・・・

TGベイトの残骸② フックはジグパラのアシストフック

結果は今後使ってみて検証!!

今回は残念な結果になりましたが、TGベイトはかなり自分の中で信用できるジグなので今後も使用していきたいと思います。使用しているうちに同じ現象が起こったらまた報告したいと思います。(滅多に起こることはないと思いますが)

ちょっとおすすめしにくくなりましたが(笑)、釣れることは間違いないので使ってみてはいかがでしょうか?