ルアーケースのおすすめ!(プラグ・メタルジグ)

2021年8月31日

プラグやメタルジグを入れるケースは何を使用していますか?今回は使われている方も多いであろうメイホウのケースを紹介したいと思います。

メイホウって?

メイホウとは明邦化学株式会社のことで、その名前がそのまま商品名になっています。

HPを見ると見慣れた釣り具ケースがたくさんあり、主力商品は釣り具のケースだといえそうです。

ケースの種類について

メイホウのケースでよく釣具店等で見かけるのはSFCシリーズとリバーシブルシリーズだと思います。

SFCシリーズ

SFCシリーズはどちらかというと小物や小型ルアーを収納するのに向いているケースになります。

間仕切り加工がされているケースが多く、仕切りの幅や形状も様々あります。

エリアトラウトのルアー、ジグヘッド、シンカー、フック等の収納を考えているのであればこちらがおすすめです。

ケースは半透明になっているので、開けなくても中身を確認できるのもポイントですね。

リバーシブル

リバーシブルはその名の通り、ルアーを両面に入れることができるケースになります。

リバーシブルはルアーをひとつずつ収納するのに向いているケースです。

シーバスミノーやメタルジグを収納するならこちらがおすすめです。

リバーシブル〇〇となっている部分が縦幅の大きさの目安になります。ちなみにリバーシブル100であれば、エギ:100mmクラス、ジグ:40gクラス、ミノー:90mmクラスが基準のようです。(メイホウHPによるとメーカーによって対応しない場合があるとのことです)

他にはどんな商品があるの?

明邦化学株式会社では基本的にケース類を販売しています。

なのでタックルボックスや小物ケース、エサ釣りケースなど様々な収納用品を扱っています。

ケース類であればほとんどメイホウのもので完結するぐらいの種類はあると思います。

安いのでおすすめ!

最後になりますが、メイホウのケースは安く耐久性があるのが魅力です。

安さでは100円均一に軍配が上がりますが、100円均一の商品は元々釣り用ではありません。

使い勝手や耐久性を考えるとコストパフォーマンスは確実にメイホウが上です。

実践でガンガン使い倒す人にはかなりおすすめのケースなので、気になった方は使ってみてはいかがでしょうか?