シュヴァーンシャッドって釣れない?釣れる可能性を感じたのでインプレしてみる。

2021年8月30日

最近は多くなってきましたが、まだまだエリアトラウトで使われる事が少ないと思われるシャッド(ミノー)。今回はシュヴァーンシャッドを使ってみて可能性を感じたのでインプレしてみたいと思います。

シュヴァーンシャッドとは?

シュヴァーンシャッドはヴァルケインから発売されているエリアトラウト用のプラグになります。

エリアトラウト用にしては長めのボディとリップが特徴のルアーになります。

こちらがシュヴァーンシャッド

ボディが長めなので普段このサイズのプラグを使わない方は釣れないのでは?と思うかもしれません。

しかし、同社のハイドラムやムカイのトレモロングなど同サイズのルアーが結構釣れているのでおそらく釣れるはず・・・。

ということで実際に使ってみました!

ただ巻きしてみる

とりあえずアクションを加えずに、ただ巻きしてみます。そこまで巻き抵抗はなく、速く巻いてもほとんどアクションは破綻しませんでした。

投げ続けてみますが、あまり当たりはありません。魚も興味本位で触っている感じであまり深い当たりはでませんでした。(※王禅寺イチロー池での実践データになります)

ということでアクションを加えてみます!

トゥイッチしてみる

ただ巻きするなら他のルアーのほうが向いてそうだと感じたので、今度はアクションを加えてみます。

アクションはルアーフィッシングでは定番?のトゥイッチを試していきます。トゥイッチは名前はよく聞きますが、実際やっている方を見るのは少ない気がします。(バスフィッシングではよくやるのでしょうか?)

エリアトラウトでは竿でアクションを使っている方はほとんどいないのでかなり目立ちます笑

実際やってみると・・・当たりは増えましたが、フッキングしません。

手元まできて動きを確認すると、ちょっと動きすぎている感じがしました。

アクションの方向性はあっていそうなので、別の方法でアクションをつけてみました。

ストップ&ゴー

ロッドワークでは動きすぎると感じたので、リールの回転で動きを調整しました。

今回はリール半回転のストップ&ゴーで試してみました。

すると・・・3連続でヒット!そして全バラシ笑

バラシはフックがかなり甘くなっていたからだと思いますが、反応を得ることができました。

ストップさせて動き出す瞬間にバイトが発生する事が多かったです。

ただ、使っているリールがLT2500-XHなので半回転でも若干動きすぎな気がしました笑

ストップ&ゴーが効いたのは短時間のみで、その後は反応が少なくなってしまいました。

別の池(サブロー池)の1投目でも同じアクションでヒットしたので、ピンポイントで使う分には良いルアーだと思います。

なんとか釣れた1匹

今後も要検証!

あまりキャッチはできていませんが、ヒットさせることは出来ているルアーになります。

今後はフックを交換して、キャッチ率を上げてまたレビューをしたいと思います。

もし、気になった方は一度手にとってみてはいかがでしょうか?