17モアザン 3012Hのインプレ!

2021年5月6日

以前ライトショアジギングではフリームスLTを使用していましたが、中古で17モアザンを購入して使用していたところ全く別物だったのでレビューになります。

17モアザン 3012Hのスペック

モアザンのスペックについて軽くおさらいしましょう。

品名巻取り長さ
(cm)
ギヤー比自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
(PE)
ハンドル長さ
(mm)
2510PE-H906.024571-200
1.5-150
55
3012H955.628571.5-20060
3500834.943582-300
2.5-250
65
DAIWA HPより引用
写真は17モアザン 3012H

ブレが少ない

フリームスを使用していた時はあまり気にしていませんでしたが、モアザンを使用し始めてからは明らかに違いました。フリームスのボディが樹脂に対して、モアザンは金属なので巻いている時のブレがかなり少ないと感じました。特にメタルジグ、メタルバイブ等の巻き抵抗の大きいルアーを使用する時はかなり差があります。

巻き上げが楽

ギアの素材が違う(モアザンはハイパーデジギア)のもあると思いますが、巻き上げがかなり楽です。

ライトショアジギングをやっているとわかりやすいのですが、ハンドルを巻くための力はフリームスに比べると少ない力でできると思います。フリームスの時は無理やり巻き上げている感がありましたが、モアザンはスムーズに巻くことができています。

魚をかけてからも楽に巻くことができるので、これは大きなメリットになると思います。

ドラグは?

ドラグについてはフリームスとモアザンどちらも違いはないと思います。どちらもATDを採用しています。17モアザンで採用されているものをフリームスにも採用していると思うので大きな差はないはずです。ドラグ自体はスムーズに効きます。

違いとしてはドラグノブの大きさでしょうか?フリームスの方が大きく、モアザンの方が小さいです。もちろん大きい方が操作しやすいのですが、この辺は慣れと事前の設定でなんとかなります。

LTシリーズと比べるとノブは小さめ

弱点は?

17モアザンはシーバスリールのフラグシップなので基本的に弱点はないと思います。唯一気になる点といえば若干重量があるという所でしょうか。また、LTコンセプト以前のリールなので逆回転機能がついているため、水の侵入経路が1つ増えている所も弱点と言えば弱点になります。

発売されてから3年は経過していますが、フラグシップということもありかなり総合能力の高いリールだと思います。

赤丸箇所が逆回転スイッチ

ハイパーデジギアって当たり外れあるの?

私も購入前に気になったので調べました。ネットの記事ではコツコツ感がある個体がある、まったく問題ないと様々な意見がありました。

私は某中古釣り具でセールで中古のモアザン(14と17)を触る機会があったので正直に書きたいと思います。

結果からいうと、当たり外れはあると思います。

釣具店で14モアザン2台、17モアザン2台を回してみましたが明らかに違いがありました。

14モアザン2台は巻き感はそこまで悪くありませんでしたが、巻きの音がすごいうるさいものでした。(自転車のチェーンが外れた時のような音でジャラジャラいってました)

実釣でも気になるレベルだったのでこれはないかな・・・と思い購入はやめました。(14モアザンは経過年数も長いためそれが原因?)

その次に17モアザンを2台回してみましたが1台は14モアザン同様に巻いているときの音が気になりました。14モアザン程ひどくはありませんでしたが気になるレベルでした。

最後の1台を回してみると、他の3台が嘘だったみたいに静かで軽い巻きでした。私自身はそれまで個体差はあまりないものだと思っていましたが、個体差はあるという事をはっきり認識させられた出来事でした。

おすすめ!

ダイワはLTコンセプトのリールが昨今出ていますが、まだまだ2,3年前のリールも戦えます。最新のリールもいいですが、17モアザンもめちゃくちゃいいので一度検討してみてはいかがでしょうか?