エリアトラウトで19ストラディックを使用してみたのでインプレを書く

今回は久々にシマノのリールを使ってみたのでインプレ記事になります。

エリアトラウトで使用しましたが、実際の使用感について書いていきます。

19ストラディックとは?

19ストラディックはシマノのミドルクラスのスピニングリールになります。

写真は19ストラディック

ミドルクラスのリールながらシマノの最新技術が搭載されています。

総合的なスペックとしては耐久性を重視したステラの廉価版だといえます。

ちなみに「19」は通称で2019年に発売されているからそう呼ばれている事が多いです。

前のモデルは2016年発売にされていたので16ストラディックと呼ばれています。

写真は16ストラディック

そして16ストラディックはどちらかというとヴァンキッシュの系統でしたが、19ストラディックはステラの系統に変わっています。

これは19ストラディックが発売された時にちょっと話題になりました笑

16ストラディックに近いものが欲しいという方はヴァンフォードが近いのでそちらを選びましょう。

ちょっと話がずれましたが、19ストラディックはステラに近いスペックを持った耐久性の高いリールという事になります。

エリアトラウトで使用したインプレ

私が使用したのは2500SHGになります。

ハイギア派なのでとりあえずノーマルギアを選ぶつもりはありませんでした笑

ただ、ダイワのリールと同じ感覚で2500番を買ったのは少し失敗だったかなと思いました。

左はセルテートLT2500HG(カスタムしてます) 右は19ストラディック2500SHG

ということで詳しく書いていきます!

ローターが重い場合のメリット・デメリット

19ストラディックの大きな特徴といえば高強度樹脂を使用したローターになります。

使用してみて良いと思った点とこれは向いていないと思った点があったので書いていきます。

※普段はダイワ(セルテート)を使用しているのでそれと比べての感想になります。

写真はセルテート

ローターが重い場合のメリット

ローターが重い場合のメリットは巻き始めたら軽く巻ける事、一定の速度で巻ける事だと思います。

実際に巻いてみると、慣性が働く速度くらいでリールを回すとかなり楽にリーリングができます。

ダイワの機種はザイオンローター(軽いローター)を使用しているので、ほとんど慣性が働かず自力で回し続ける必要があります。

対して19ストラディックは回り始めると勝手に回ってくれるので、楽に長時間釣りをするのであればこれはありだと思いました。

そして、ある程度慣性で回るのでリーリング速度にブレが少ないと感じました。

ローターが軽い機種だとどうしてもハンドルが上に来た時、下に来た時は速度のブレが出やすいのですが、これが出にくいのも良い点です。

使用して感じたのは一定速度で巻く、またはただ巻きに特化しているのがメリットでしょう。

ローターが重い場合のデメリット

いい所しかなさそうな感じでメリット面を書きましたが、ちょっと使いにくい所もあったので正直に書いていきます。

ひとつはデッドスローで巻くのは向いていないというところです。

慣性が働かない速度で巻こうとすると途端に扱いにくいリールになります笑

早めに巻いて反応する時はかなり強いリールだと思いますが、スローな展開になった時は軽い素材のローターが搭載されているリールの方が釣りやすいです。

ちなみにここが私が2500番を選んで失敗したなと思う部分でもあります。

2500番で慣性が働くスピードまで回すとエリアトラウトには速すぎたんですよね・・・笑

シーバスあたりならちょうど良いのだと思いますが笑

結果、巻くスピードを落とすと慣性が働かないので巻きが重いという悪循環に・・・。

ということで買うのであれば巻きスピードがちょうど良いであろうC2000番をオススメします!

写真は2500SHGの装着 ちょっとデカイですね笑

巻きに特化したリール!

デッドスローやストップ&ゴーなどのアクションは向いていませんが、巻きの釣りをするのであればかなりオススメできるリールです。

特にスプーンメインで使用する方、ラインの波紋であたりを取る方はストラディックやその上位機種のステラがいいでしょう。

最近はシマノであればヴァンキッシュやヴァンフォード、ダイワの機種であればほとんどが軽量ローターを使用しているので、19ストラディックは慣性が働くローターが搭載されている貴重なリールになります。

軽量ロータータイプのリールとははっきり巻き感が違うので、今のリールがあってないなと思う方は一度試してみることをおすすめします。

まあ理想は状況に応じてリールを使い分けるのが一番いいんですけどね笑(残念ながらそこまでお金が無い泣)

以上、「エリアトラウトで19ストラディックを使用してみたのでインプレを書く」でした!