秋の開成フォレスト攻略!実際釣れたルアーは?

11月になりそろそろ本格的にエリアトラウトのシーズンになってきました。今回は秋のパターンについて記事にしていきます。

開成フォレストとは?

開成フォレストは神奈川にある管理釣り場で35~50cmグラスのトラウトをメインに放流している釣り場になります。

メインとなるボンドは2つあり、どちらもかなり広めのボンドとなっています。

別の記事でもいろいろ書いているので気になる方はそちらを参考にどうぞ!

3rdボンドからスタート

今回は夏の間は放流していなかったサードボンドからはじめてみました。

開始1時間・・・当たりが無い笑

夏とは違い、トラウト達は表層付近をかなり活発に泳いでいますが、スプーンには無反応・・・。

これがいつもの開成といえばそうなんですが、釣らないと記事にならないのでいろいろ試してみました。

スプーンはチェイスさえなかったので、今回初めて使うワンダ-を投入!

1投目で竿をもっていくような当たりが出ましたが、一瞬でバレました笑

その後、ワンダ-のカラーローテーションしますがあたりは無し・・・。プラグの展開だと思ったのですが、違ったのか?と考えながら今度はアンフェア45Fをチョイス!

すると一発でヒット!

ここでひとつの仮説が生まれます。

色に反応しているのではないか?と。

ワンダ-も茶色系、アンフェアも茶色系で反応がありました。

今日はこれがパターンなのではないか?と考え、組み立てて行こうと思ってました。まあ、その後放流が入ってその事を忘れるんですけどね笑

放流時は最初の数投がチャンス!

先ほど書きましたが、釣れた後すぐに放流があったのでスプーンに変えて放流した魚を狙いました。

結果として放流後、数投で2ヒット1キャッチでした。

ちなみに使用したのはノアボス4.4gの赤金とオレ金です。

重くね?と思う方もいると思いますが、私の中ではほぼメインスプーンです。そちらについても記事があるので気になる方は是非!

最初のうちはバイトもあり、チェイスもありますが10投を越えるぐらいから見向きもしなくなってきます笑

釣るのであれば最初のチャンスを逃さないようにしましょう!

その後は暗色系が強いと思い出し、ノアボス4.4g黒でこの日最大サイズを追加し3rdボンドは終了。

写真とってたらこの後脱出されました笑

ちなみにトップを投げていた人たちはボコボコ釣ってました。

これは場所(水流が出る所)も関係あると思いますが、その人たちの上手さもあると思います。

一応バーブルやポコポコクラピーを投げてはみましたが私の実力では釣れませんでした笑

1stボンドへ!

サードがちょっと渋めだったので、午後からはファーストボンドに移動してきました。

春からちょいちょい行ってたので、サードよりは苦戦しないはず・・・笑

水面を見ると積極的に表層を動く魚と一定の場所でウロウロしている魚が・・・

これは前にもあったパターンで、「トップを放置すれば釣れるはず!」ということで実績のあるサーフェスエアーブローを投入!

基本はペレットカラー 春はサクラパターンのピンクも強いのでオススメ

水流付近に流して放置すると・・・バシャッと水柱を立ててヒット!サードボンドでの苦労はなんだったのかと思うほど簡単に釣れました笑

サーフェスエアーブローでヒット

流れが効いている所が釣れるパターンと流れが無い所で釣れるパターンがありますが今回は前者でした。

ただ、2・3投投げると見切られ始めたのですぐに別のルアーに変更!


LUCKY CRAFT【ラッキークラフト】サーフェスエアーブローF – ペレットオールスターズ

秋のパターン=ベイト(小魚)!

開成フォレストの特徴として、川から水を組み上げて循環させています。

そのため、ボンドには組み上げられた時に入ってきた小魚がいます。

春~夏はベイトが小さいまたはいない事が大半でしたが、秋になると肉眼でも認識できるサイズが大量にいます。

ちょっと見にくいですが小魚が大量にいます

小魚たちは大抵岸際にいます。

岸際には釣り人がいるのでトラウトたちはそこまでは追って来ませんが、岸際を離れた魚を追いかけているのはたまに目撃しました。

ということで、ベイトを意識したルアーを投入!

それがこちらのワンダー45です!

この日は茶色(ペレットカラー)が強かったです

1投目から反応があり、サクッと1本追加!

ワンダーでの1本

ワンダーはかなり見切られにくく、これだけで3キャッチでした。

さすがに15投ぐらいからは見切られはじめ、チェイスも少なくなりましたが、この日一番反応があったルアーでした。

マッチザベイトとはよくいいますが、ワンダーが上手くはまってくれました。


LUCKY CRAFT【ラッキークラフト】ワンダー45

↑上はトリプルフック仕様なのでフック交換が必要になります。

そして、サードボンドでも反応があったアンフェア45Fもいけるのでは?と思い投入!

アンフェア45F

巻きはじめた瞬間にドンッ!とバイトがあり、ネットインまでかなり粘られましたが無事キャッチ。

本日2番目のサイズでした
やっぱり締めるとサイズは縮みますね

まだまだ速い動きに反応する!

人間的にはちょっと肌寒くなってきた季節ですが、トラウトたちには適温のようで結構速い動きにも反応してくれます。

スプーン、プラグのどちらも釣れると思いますが、開成フォレストのベイトがいるという特徴を考えると速い動きのあるミノー、ペンシルベイト系があったほうが良いです。

アピール力の高いミノー、ナチュラルアピールのペンシルベイトの両方を用意しておくのかベストだと思います。

パターンをつかむまで釣るのが難しい開成フォレストですが、参考になれば幸いです!

今回釣れたルアーはこちら!(カラーまでは難しいので勘弁してください笑)


LUCKY CRAFT【ラッキークラフト】アンフェア45F – ペレットオールスターズ

ラッキークラフト アンフェア45F HERO’Sカラー エリアトラウト用ルアー フローティング

LUCKY CRAFT【ラッキークラフト】サーフェスエアーブローF – ペレットオールスターズ