エリアトラウト 釣り

エッグアームショーティをエリアトラウトで使った結果・・・

今回はジャッカルから発売されているロッドのエッグアームショーティを使用してエリアトラウトをやってみました。

※正しい使い方ではないので、反面教師にしていただければと思います笑

エッグアームとは?

冒頭でも軽く触れましたが、エッグアームはジャッカルから発売されているロッドになります。

バリエーションもあり、通常のエッグアームの他にエッグキャストタフィー、ブラックエッグ、エッグキャストソフティー、エッグアームワカサギーが存在します。

実践!

ワンピースロッドなのでセッティングは簡単ですね。車の方だったらセットしたまま置いておけそうです笑

ちなみに場所はベリーパーク王禅寺のイチロー池になります。

リールはエッグアームに対して明らかにデカイですが、ルビアスLT2500番になります。ラインは今回3lbにしました。

2g前後のルアーをキャスト!

とりあえずよく使う2g前後のルアーをキャストしてみますが、上手く投げられません笑

左右に飛んでいったり、上に大きく弧を描いて飛んでいきます笑 ロッドが短すぎるのと、固いのでとにかくタイミングが取りにくい・・・。(元々26gまで対応のロッドなのでかなり固い)

上手く投げたとしても普段使用しているロッドの半分以下の距離しかでませんでした。ギリギリ魚が掛かりそうな距離までは飛んでますが、投げることがストレスになっているのでルアーをチェンジ!

ムカイのスナック(3.5g)を投げてみる

2gは無理だと感じたので、一気に重くしてスナックを投げてみるとやっとまともに飛びました。

なんとか投げ続けていると、バイト・・・?竿が固くて当たりが取りづらい笑

その後なんとか1匹釣りましたが、竿が短くためが全く効かないのでバラシまくりました。

やはりエリアトラウトで使うロッドではないようです笑

エリアトラウトで使用するには短い&硬い

使ってみた感想を書くとエリアトラウトロッドではないなというのが率直な感想です。

逆にこのロッドで自由に投げられるのであればどんなロッドでも投げられると思います笑

キャストの距離が出ないのとやり取り中にバラシやすいので素直に専用ロッドを使用した方が良いです。

素直に穴釣りで!エリアトラウトならソフティを!

結論からいうとエッグアームショーティは素直に穴釣りで使いましょう。

今回はエリアトラウトで使ってみましたが、ちょっと無理がありました・・・。

エリアトラウトで使うならエッグキャストソフティ、エッグキャストタフィー又はグッドロッドのULになると思います。

ちなみに個人的なおすすめ順だとグッドロッドUL>ソフティ>タフィーの順になります。

グッドロッドがそこそこ長さ(1.68m)もあり、5gまでなのでエリアトラウトのスペック的には一番あっています。

ソフティ(1.2m)とタフィ(1.1m)はロッド自体の長さが短めなのでちょっと扱いが難しいと思います。

ソフティとタフィーの差は対応ルアーのグラム数の差でソフティが5gまで、タフィーが7gまでとなっています。

7gでこの短さだとエリアトラウトとしてはちょっときついかな?と思いこの順位にさせていただきました。

ジャッカルのロッドで始めたいと考えているならこちらの専用ロッドがオススメです!

安さを求めているなら鱒レンジャーがオススメロッドになります(1ピースロッドなので電車で釣りに行く方は持ち運び方に注意)

もしエリアトラウトでエッグアームショーティを使おうと考えている方は、この記事をみて考え直してください笑

-エリアトラウト, 釣り