反則系ルアーよりも釣れ過ぎて禁止?フェザー系ルアーをまとめてみた!

反則系ルアーといえばセニョールトルネードが有名だと思います。しかし、時に反則系ルアーを超える釣果を叩き出す事があるルアーがあります。それがフェザー系ルアーです。今回はフェザー系ルアーをまとめてみました。

フェザー系ルアーって?

フェザー系ルアーとはその名の通り、毛が巻かれているルアーになります。

よくあるのはジグヘッドのようなものに毛がついているパターンが多いです。

下もムカイのルアーですが名前を忘れました

釣れすぎて禁止?

簡単に釣れるため、多くの釣り場で使用禁止になっている事が多いです。(ちなみに王禅寺はOKです)

セニョールトルネード等の反則系ルアーよりも圧倒的使用禁止の釣り場は多く、逆にいえばそれだけ釣れる事の証明になります。

使い方

使い方は自由に使えばいいと思います笑

止めても巻いても放置しても釣れるので、好きな方法でいいです。

反則系ルアーとの大きな違いは、形状がシンプルである事が多いため飛距離が出やすいです。

巻かれているジグヘッド部分の重さも様々あるので、自由に重さを変更できます。

また、一度使用した後は毛が吸水するためさらに飛距離が出るようになります。

フェザー系ルアーの紹介!

ライトボム

ムカイから発売されているライトボムになります。値段は大体500円前後で2個入りになります。

同じ色が入っているものや違う色が入っているパターンのものがあります。エリアトラウトではカラーで反応が変わる事があるのでこれは嬉しい仕様ですね!

ライトボムフリッツ

ライトボムフリッツはライトボムのフェザー拡大版になります。説明文にも書かれていますが、フェザー部分がフックよりもだいぶ長いので大物向きでしょう。

デカベスク

ロブルアーから発売されているフェザー系ルアーになります。特徴としてはツートンカラーを使用しているタイプがあります。またラバー素材を足に見立てた虫というタイプも存在します。

1個あたり400円程度とライトボムと比べると1個あたりは高めですが、釣れるルアーです。気になった方は重量違いのアラベスク、オニベスクもチェック!

私も以前としまえんで釣れない時によくお世話になりました。

鱒ノ華2


ダイワから発売されているフェザージグの鱒ノ華2です。

正直フェザージグはブランドにこだわる必要はないと思いますが、ダイワ派の方はどうでしょうか笑?

2個入りで740円と正直お値段は高めです・・・。

釣れ過ぎるのでボウズ逃れに・・・

フェザージグは簡単に釣れるので、どうしてもボウズを逃れたい場合はひとつ持っておくといいかもしれません。

最初にも書きましたが、必ず使用できるか確認してから使いましょう。

しかし、フェザージグばかり使っていると釣りは上達しません。上達したい方は必要以上に使用するのを避け、お守り程度に思っておきましょう笑

逆に初心者の方、特に釣りが初めての方にはめちゃくちゃおすすめなのでぜひ釣り場で使ってみてください!

多くの釣り場で使用禁止になっている実力は本物ですよ!笑