管釣りのおすすめスカリをまとめてみた

2021年2月18日

以前激安スカリを紹介しましたが、今回は普通のスカリをまとめてみました。

スカリって?

スカリとは魚をキープする入れ物になります。魚籠(ビク)ともいいます。

生きたまま魚をキープできるので、最後にまとめて締めたいときに持っていると非常に便利です。

丸形スカリ

この形状が最も一般的なスカリになると思います。呼び方はいろいろあると思いますが、形状は円形の輪にネットが張られているものになります。

サイズ、形状も様々あり、スカリの中ではリーズナブルです。

気になる箇所としてはちょっと魚が入れずらい場合があります。

四角形スカリ

丸形に比べると、少し値段は高くなりますが四角形のスカリもあります。

このタイプは形状保持されているもの多く、見た目にもきれいに魚をキープすることができます。

また開口部は広く、魚が入れやすくなっているのも特徴になります。

スカリ自体が浮くようになっているタイプのものも存在します。

以前も紹介しましたが、見た目にこだわらなければ網もおすすめです笑

エリアトラウトのコスパ最強のスカリ | ビボロク!~釣りの備忘録~ (biborokukkk.com)

私はエビ溶かし網を使用しています。(安上りなので笑)

真夏以外であれば網でも十分にキープ可能です。

キープ派で行く回数が多い人は持っておいた方がいい

無料で貸してくれる箇所もあったりしますが、大体は有料で100~200円取られます。

最低でも網を買っておけば2~3回でもとが取れます。本格的に管釣りを始めようとする方は持っておいて損はないと思います。

もちろん海でも川でも使用できます。

とりあえず網だけでも持っておくのはいかがでしょうか?笑